相見積について

当事務所に見積をご依頼される前に必ずお読みください。(特に相見積)

 

 

士業のサービスは家電とは違います

当事務所のサービス内容は、他の事務所と同じことをやっているようで、実は全く異なります。

 

同じ依頼(例えば就業規則の作成)をしても出来上がる納品物は全く異なりますし、その過程で提供する情報も全く異なります。

 

結果が変わる。内容が違う。

 

家電のように、どこで買っても同じものが手に入るというわけではありません。

 

 

例えば、ITを駆使してお客さんの手助けをするところもあれば、そうでないところもあります。

 

他の士業の範囲(税法や会社法)についても知識があるところもあれば、そうでないところもあります。

 

ある仕事をしている最中に、他の士業に関連することがあれば、気をまわして顧問税理士さんに連絡をして問題を解決することろもあれば、そうでないところもあります。

 

 

上記だけでも、実務では大きな差になります。

 

相見積は、ほとんど意味が無い

もしお客様が当事務所に見積の作成を依頼しながらも

「他所にもお見積りを依頼しており、金額の安い所に依頼する予定です」

と考えているのであれば、その相見積は、ほとんど意味がありません

 

 

あるところでは軽自動車の見積を出してもらい、あるところで高級車の見積を出してもらい、その金額を見て決めているのと同じです。

 

 

もし、上記のような考えで当事務所に見積の作成を依頼されるのであれば、最初から当事務所を比較検討の対象から外していただけると幸いです。

 

 

その対応にかかる時間を、最初から当事務所に絞ってご依頼いただいたお客様のため、当事務所の既存のお客様のために使用できると非常に嬉しく思います。

signature