年俸制社員の残業代の計算方法は??

社長の豆知識 給料、残業代に関するQ&A

労務管理福岡当社では、年俸制を導入する予定です。そこで年俸制について調べていくと、年俸制であっても残業代の支払いが必要だと知りました。

そこで、疑問が発生したのですが、年俸制社員の残業単価はどのように計算すればいいのでしょうか?

予定している内容は次のようなものです
・年俸840万円
・それを14で割って、毎月の支払額は60万円
・6月と12ヶ月にボーナスとして60万円

労務管理福岡ご質問のケースの場合、年俸の840万円を年間所定労働時間で割った金額を基に残業単価を計算します。

もっと詳しく

一般的な月給制の場合は、月の給料を平均所定労働時間で割って単価を出します。

 

この流れから行くと、ご質問の年俸制の場合でも、月給換算である60万円を平均所定労働時間で割って単価を出したくなります。

 

でも行政解釈(平成12.3.8基収第78号)や判例(システムワークス事件 平成14.10.25 大阪地裁判決)の考え方はどうも違うようです。その考え方は、こんな感じです。

 

年俸額が決まっていて、それを14分割や15分割して月額給与と賞与を決めるやり方では、最初から賞与分が固定しているので、その賞与分も割増賃金の基礎となる。

 

そのため、ご質問のケースでは「単に年俸制を導入しただけ」では、年俸額全てを年間所定労働時間で割って単価を出す必要があります。


スポンサーリンク

 

 

経営者のイメージとしては、月平均の所定労働時間が160時間だとすれば、残業単価は

「60万÷160時間×1.25=4688円」

だと思っていることが多いです。

 

 

しかし正しくは、年俸860万円を12で割った71万6667円を月給とみなして

「71万6667円÷160時間×1.25=5599円」

となるわけです。

 

では、対応方法はないの??

上記のとおり、行政解釈や判例があるので、一見対応方法はないように見えると思います。

 

しかし、そこは会社と年俸社員の雇用契約しだいです。

 

年俸制社員にも残業代は必要??」でも書いているのですが、就業規則や雇用契約書の内容が重要になります。

 

ご質問のケースのように、賞与額を確定してしまうと残業単価が上がるのが困るのであれば、社員としっかりと話し合ったうえで賞与額については確定せずに「業績や評価による形式」にするのも一つの方法です。

 

他にもいくつか方法は考えられますが、社員に説明した上で、就業規則にしっかりとそのことを明記し、トラブル防止のためにも雇用契約書にも明記することが大切です。

メニュー会社を守る雇用契約書の作成

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671