動機付け-衛生理論 会社経営者が知っておくべき理論

会社経営について 所長の真面目?ブログ 社員満足(ES)

社員のモチベーションをアップさせたい

そう思う経営者は多いと思います。

 

そんな、会社経営者には必ず知っておくべき理論があります。

 

それは、フレデリック・ハーズバーグの「動機付け-衛生理論」です。

 

非常に有名な理論なので、知らない方は概要だけでも押さえておくべきだと思います。

 

どんな理論かと言いますと、こんな内容です。

人間の仕事における満足度は、ある特定の要因が満たされると満足度が上がり、不足すると満足度が下がるということではなくて、「やる気」に関する要因(動機付け要因)と「不満」に関する要因(衛生要因)は別のものという理論です。

 

何だか、初めて読むと意味が分かりにくいと思いですよね?

 

ここで、簡単な例を挙げます。

例えば、職場がとても暑いとしましょう。

すると社員はこのことを不満に思うはずです。

 

「こんな暑いところで働けるか!」という不満です。

 

そんな不満に経営者が気づいて、エアコンをつけて快適な温度を保つようになったらどうでしょうか?

 

これで「職場が暑い」という「不満」は解消しますね。

 

しかし、「職場が暑い」という「不満」は解消しますが、単に「不満」が解消するだけであって、「やる気」がアップするわけではありません。

 

「職場が暑い」という要因は、「不満」につながる要因であって、「やる気」につながる要因ではないということです。

 

つまり、1つの要因は、「不満足」、「やる気」のどちらかにのみ影響を与えるということになります。

 

ちなみに、フレデリック・ハーズバーグは、仕事には2つの要因があると結論付けました。

1.「衛⽣要因」

苦痛や⽋乏状態を避けたいという、動物としての低レベルな欲求
(不足すると、不満につながる要因)

 

2.「動機づけ要因」

精神的に成⻑したいという、⼈間としての⾼レベルな欲求
(やる気につながる要因)

 

では、具体的にどういった事が「衛生要因」、「動機づけ要因」になるのかを紹介します。

 

まずは「衛生要因」

「衛⽣要因」は職場環境に関連が強く、以下のようなものがあります。

・会社の⽅針と管理
・監督
・仕事上の対⼈関係
・作業環境
・⾝分
・安全保障
・給与

最初の方の例で挙げた「職場が暑い」というのは作業環境になるので、不満にしかつながらないというわけですね。

 

moneyそして、注目してほしいのが「衛生要因」に給与が入っているということです。


スポンサーリンク

 

一般的に、給与が上がればモチベーションが上がると誤解している方が多いのですが、あくまで給与は不満につながる要因で、やる気にはつながらないのです。

 

いまいち、信じられないと思いますので、またまた例を挙げてみます。

 

あなたは今、月給20万円で働いているサラリーマンだとします。

ある日、社長が突然やってきて、「キミは頑張っているので今月から月給を5万円アップして25万円にすることにしたよ」と言われました。

 

あなたは大喜びします。

なんて言ったって、月に使えるお金が5万円も上がるんです。

 

あなたは社長に感謝し、「頑張って仕事をするぞ!」と思います。

(この瞬間は確かにやる気がアップしています)

 

でも、想像してみてください。

長い期間で考えると、この時のモチベーションはどのくらい続きますか?

 

せいぜい2、3ヵ月ではないでしょうか。

 

そして、それ以降は月給25万円というのが当たり前になり、それが基準になります。

人間というのはそういうものだから仕方ありません。

 

そして、今度は25万円から給与が上がらないということに不満を感じるようになるのです。

 

つまり、給与は「衛生要因」であって、「動機づけ要因」ではないということです。

 

そのため、単純に給与を上げただけでは、やる気にはつながらず、今まで以上に働いてくれるようになるわけではありませんので、生産性の向上は期待できないのです。

 

つぎは、「動機づけ要因」

「動機づけ要因」は、職場環境ではなく仕事の内容に関係があり、以下のようなものがあります。

・達成
・承認
・仕事そのもの
・責任
・昇進
・成⻑の可能性

 

モチベーションアップ仕事を達成したときや、上司に認めてもらったときや褒められたとき、お客さんに感謝の言葉をもらったとき、自分自身が成長を感じたときなどにモチベーションが上がるというわけです。

 

もちろん、実務ではそう単純なものではなく、きちんとマネージメントしなければ社員のモチベーションをアップさせることはできません。

 

しかし、上記の理論を知っているかどうか、意識してマネージメントを行っているかどうかで、大きく差が出ることは間違いありません。

 

当事務所でも「動機づけー衛生理論」を意識しながらクライアントにアドバイスを行っています。

 

みなさんも、自社の労務管理を改善する際、特に社員満足を意識して改善を行うときは「動機づけー衛生理論」を意識しながら改善を行うことをおすすめします。

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671