普段と違う通勤経路で通勤した場合に労災の対象になる?

労災保険に関するQ&A 社長の豆知識

車で通勤をしている社員がいるのですが、どうやら日によって気分で道を変えているようです。
このような状況で、通勤中に事故などでケガ等した場合は、労災は適用になるのでしょうか?
基本的には、道が異なっていてもその経路が「合理的な経路」であれば、通勤災害の対象となります。

もっと詳しく

上記のような回答となる根拠は、通達(昭48・11・22基発第644号)にあります。

この中に次の記載があります。

 

合理的な経路について

経路については、乗車定期券に表示され、あるいは、会社に届け出ているような、鉄道、バス等の通常利用する経路及び通常これに代替することが考えられる経路等が合理的な経路となることはいうまでもない。

合理的な経路が一つだけではなく複数あると認められてます。
更にこの通達は次のように続きます

 

タクシー等を利用する場合に、通常利用することが考えられる経路が二、三あるような場合には、その経路は、いずれも合理的な経路となる。

 

 

このように言っているわけで、普通の人が普通に用いると考えられる経路・手段であれば、問題ないと考えられます。

 

また、他にも以下のような場合にも合理的な経路と認められるようです。


スポンサーリンク

また、経路の道路工事、デモ行進等当日の交通事情により迂回してとる経路、マイカー通勤者が貸切の車庫を経由して通る経路等通勤のためにやむを得ずとることとなる経路は合理的な経路となる。
さらに、他に子供を看護する者がいない共稼労働者が託児所、親せき等にあずけるためにとる経路などは、そのような立場にある労働者であれば、当然、就業のためにとらざるを得ない経路であるので、合理的な経路となるものと認められる。

 

但し、通勤災害とならない場合も

通達(昭48・11・22基発第644号)には、次のようなことも記載されています。

逆に、上に述べたところから明らかなように、特段の合理的な理由もなく著しく遠まわりとなるような経路をとる場合には、これは合理的な経路とは認められないことはいうまでもない。

当然ですが、上記のようなケースでは認められないようです。

 

また、経路は、手段とあわせて合理的なものであることを要し、鉄道線路、鉄橋、トンネル等を歩行して通る場合は、合理的な経路とはならない。

線路を上を歩いて行くなど、危険な行為を自らしている場合などは通勤災害の対象とならないことになります。

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »



優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671