法定外休日労働のみでも36協定を届出る必要がある?

36協定について 会社経営について

 当社は、始業9時、終業17時で休憩1時間の7時間労働で土曜日と日曜日が休みの週休2日制です。

平日の残業はありませんが、稀にトラブル対応で土曜日に4時間ほど出勤してもらうことがあります。

法定休日は日曜日と定めています。

この場合でも協定を結んで労働基準監督署に提出する必要があるのでしょうか?

結論からお答えすると、御社の場合は36協定は不要です。

36協定の提出が必要な休日出勤は、法定休日に出勤した場合のことをさします。

また、1日8時間、1週間40時間を超えない範囲の労働のようですので、その範囲内で労働させる分には36協定は必要ありません。

もっと詳しく

36協定は、1日8時間または1週間40時を超えて労働させる場合、または法定休日に労働させる場合に必要です。

 

※法定休日の意味が分からない方はこちらをご覧ください。

 

ご質問の会社の場合は、土日が休みで、法定休日は日曜日(という事は、土曜日は法定休日)。

 

そのうち、土曜日出勤が稀にあるだけということなので、36協定の提出は必要ありません。


スポンサーリンク

 

ただし、土曜日出勤の時間が5時間を超える場合は注意

ただし、土曜日の出勤が5時間を超える場合は36協定が必要になります。

 

下の表を見てください。

週の合計
7時間 7時間 7時間 7時間 7時間 6時間 41時間

 

もし、土曜日に6時間働いてもらった場合、週の合計が41時間となり、法定外残業となります。

 

この場合は、時間外労働が1時間あったことになりますので、36協定が必要となります。

 

この辺りについては、「法定内残業のみでも36協定を届出る必要がある」もお読みいただけると、より深く理解できると思われますのでおすすめです。

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »



優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671