有給休暇の買い取り(買上げ)は違法なの?

労務管理に関するQ&A 社長の豆知識

労務管理福岡
社員の有給休暇を買い取りたいのですが、これは違法になるのでしょうか?

労務管理福岡有給休暇の買い取りは、原則として違法になります。ただし、退職した社員から買い取る場合など一部の例外があります。

もっと詳しく

有給休暇の趣旨は、給料はそのままに実際に休暇を取得させて休息の機会を与えるという点にあります。

 

有給休暇を買い上げるということは、社員が実際に休暇を取得することができなくなるので、法令違反となります。
(昭30.11.30基収4718号)

 

ただし、例外があります。

 

それは有給休暇を残したまま退職した社員から買い上げる場合や、2年間有給休暇を使用せずに時効にかかって消滅した分を買い取る場合です。

 

なぜなら、上記のどちらの場合も有給休暇を既に取得することができない状態となっているためです。

 

消滅してしまい、既に取得できなくなったものを買い上げたとしても、有給休暇の取得を妨げることにはなりませんし、取得できなくなった有給休暇がお金に変わるのですから元社員や社員も嬉しいのではないでしょうか。


スポンサーリンク

 

 

このときの注意点としては、将来買い上げるということをちらつかせて、間接的に有給休暇の取得を妨げることが無いようにすることです。

 

あくまで、取得できなくなった有給休暇を買い上げるのであって、有給休暇を買い取ってもらうために社員が有給休暇を使わないという状態になってしまっては、法違反と判断される可能性がゼロではないと思われます。

 

では、有給休暇を買い上げるときの金額は?

有給休暇を買い上げることができるケースが分かりましたが、有給休暇を買い上げる場合の金額についてどのように決定するのか気になると思います。その気になる金額ですが結論からお伝えすると、「金額は自由に決定してもよい」というのが答えになります。

 

例外的に有給休暇を買い上げることができる場合は、上記のとおり有給休暇が消滅して取得できない状態になっています。

 

そもそも、会社としてはその有給休暇を買い上げる義務はないので、法律上の問題ではありません。
つまり、会社が自由に決定することができるということになります。

 

もちろん、労働者との話し合いで決めていただいて構いませんので、お互いに納得できる方法を模索していただければと思います。

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671