1ヶ月変形カレンダーかんたん作成システムの紹介

オリジナルソフト

当事務所がお客様に提供した「1カ月変形カレンダーかんたん作成システム」をご紹介します。

 

1ヶ月変形カレンダーかんたん作成システム

社会保険労務士が作成する1ヶ月変形カレンダー作成システム

ボタン一つでシフトの雛形を自動作成

下矢印

必要に応じて微調整(所定時間は自動集計)

下矢印

配布用カレンダーを自動作成

社会保険労務士が作成する1ヶ月変形カレンダー作成システム

下矢印

給与計算用の集計表も自動作成

集計表

1ヶ月単位の変形労働時間制は簡単に導入できるので、残業対策に非常に効果的です。

 

業務の繁閑に合わせてシフトを組み、毎日の労働時間を上手く増減させることで法律を守りながら残業対策ができます。


スポンサーリンク

 

でも問題になるのが、作成したシフト表で1ヶ月の所定労働時間が何時間になったのかを把握するためにシフトの時間を集計しないといけません

 

しかも、シフトを少しいじったら集計しなおさないといけません。

 

作成したシフト表は、きちんと労働者に明示する必要があるので、分かりやすい形式で紙に出力するのも大切です。

 

それだけでも面倒なのですが、さらに面倒なことは続きます。

 

給与計算の時に、シフト表を見ながら、「この日の所定労働時間は○時間だから残業は○時間、他の日は所定労働時間が○時間だから~」というように労働時間を集計しないといけません。

 

非常に面倒なのです。
そこで、当事務所は上記のシステムを開発しました。

 

1ヶ月単位の変形労働時間制に対応したカレンダーを「かんたん」に作成することができるソフトです。Excel上で動きますので特別な環境は不要です。

法律に詳しくなくても「かんたん」に1ヶ月変形労働時間制のカレンダーが作成できるので、お客様は1か月分の各日の勤務時間も記載されたカレンダーをわずか5分以内で作成できるようになりました。

 

このように当事務所は、自社でソフト開発を行うことができますので、お客様の作業を楽にする提案を行うこともできますし、お客様の要望の応じてカスタマイズすることができます。
IT化をシステム会社に依頼することはできても、業務内容を見ただけで「どのように効率化すれば効果的か」を判断できて、かつ自社開発できるのは当事務所だけです。

はっきり申し上げて、この点をマネできる事務所が他にあれば教えてほしいくらいです。
これからも当事務所では、市販ソフトでは対応できない「かゆい所に手が届く」ソフトを提供していきますので、興味のある方はお問い合わせください。

 

※本サービスは、顧問契約をいただいた事業所、顧問契約をいただける事業所に提供しているものです。一般販売は行っておりません。

 

ご依頼はこちら
電話でのお問い合わせは092-741-7671

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671