歩合制だから残業代は必要ないはずだ | 残業請求に対する無駄な反論

サービス残業について

歩合制だから残業は必要ないはずだ

辞めた社員社員に残業代を請求されたときに会社がよくやる反論

 

「残業代無しということで社員と合意していた」

「入社時に社員に説明して合意した」

 

はっきり言うと、この反論は全く意味がありません。

 

なぜなら、労働基準法は強行法規なので、当人同士の合意があったとしても残業代の支払い義務はなくならないからです。

 

また、「公序良俗違反」として、このような合意は無効になるという面もあります。

 

現実問題として、「残業代無しで合意していた場合」は、(というより残業代は無いと会社から一方的に通知しているケースでは)社員から残業代の請求があることは少ないのでしょう。

 

pic_g206そのため、経営者は「残業代無しで合意すれば問題ない」と勘違いしてるケースが多いのです。


スポンサーリンク

 

実際の裁判でも、こういった主張をするケースがあるようですが、これは完全に否定されています。(「オフィステン事件」大阪地裁平成19年11月29日判決など)

 

結論として、「残業代無しということで社員と合意していた」としても、社員から残業代を請求されれば、会社側は100%負けます。

 

会社としては、このような無駄な反論をするのではなく、

  1. 法律で認められている残業対策を行う
  2. 業務の効率化を進める
  3. 無駄な残業時間を削減する

などの対策に時間を使った方が何倍も効率的です。

 

メニューサービス残業対策について

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671