育児休業中にボーナスを出したら社会保険料はかかる?

社会保険に関するQ&A 社長の豆知識

労務管理福岡育児休業期間中の社会保険料が免除されるのは知っているのですが、ボーナスを払った場合も免除されるのでしょうか?

握手育児休業期間中にボーナスを支払った場合でも社会保険料は免除されます。

 

もっと詳しく

育児休業期間は社会保険料が免除されるため、ボーナスを支払った場合も同じく免除されます。

 

育児休業期間について社会保険料が免除される期間は、ざっくりと説明すると育児休業等開始月から終了予定日の翌日の月の前月までです。

 

(免除される期間については、育児休業中は、いつまで社会保険料が免除される?で詳しく説明してますので、詳細の時期を知りたい方はこちらをお読みください。)

 

育児休業の期間が6月24日から翌年4月27日までだった場合、6月分から翌年3月分まででの社会保険料が免除されます。

 

そのため、6月から翌年3月にボーナスの支払日がある場合、社会保険料が免除されることになります。

 

ちょっと特殊なケースでも免除

ちなみにですが、免除されるのは月単位ですのでボーナスの支払日と産休開始日が前後していても免除対象となる場合があります。

 

例えばボーナスの支払日と育児休業開始日が以下のケースがあるとします。

ボーナス支払日 6月10日
育児休業開始日 6月24日

 

一見すると、育児休業開始日よりもボーナス支払日が先に来るので免除されないのでは?と感じるかもしれません。

 

でも、実際には6月分から社会保険料が免除されるので、このケースの場合は免除されます。

 

賞与支払届には、免除対象者も記載する

注意が必要なのは賞与支払届です。

 

賞与支払届は、免除される人についても通常通りに届出する必要があります。

 

そのため、通常通り金額を記載して提出してください。

 

※当然、届出をしても免除されますのでご安心ください。

 

※育休の終了月の場合は注意!

この点には注意してください!

 

先ほどの事例では、育児休業の期間が6月24日から翌年4月27日までだった場合、6月分から翌年3月分まででの社会保険料が免除されるとお伝えしました。

 

よく見てください。育休の終了は4月27日ですが免除されるのは3月分までです。

 

 

ということは、この例では4月の育休中にボーナスを出した場合には社会保険料が免除されません。

 

 

例えば以下のようなケースでは社会保険保険料は免除されません。

ボーナス支払日 4月10日
育児休業終了日 4月27日

十分に注意しましょう!

 

補足

社会保険料が免除されるケースでも、雇用保険料は免除されないので注意しましょう。

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »



優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671