2018年4月から36協定の「1日を超え3ヵ月以内の期間」が「1カ月」のみに変更されます。

36協定について 会社経営について

2019年4月に労働基準法が改正施行されますので、複数のルール変更が行われます。

 

そのうちの一つが36協定の「1日を超え3ヵ月以内の期間」についてです。

 

今まで、36協定では延長時間について以下の3つを記載する必要がありました。

 

  • 1日について延長することができる時間
  • 1日を超え3ヶ月以内の期間について延長することができる時間
  • 1年について延長することができる時間

 

しかし、法改正により大企業は2019年4月1日以後の期間のみを定めた36協定から、中小企業は2020年4月1日以後の期間のみを定めた36協定から変更されます。

 

 

具体的には「1日を超え3ヵ月以内の期間」が「1カ月」のみになりました。

 

 

つまり、延長時間については以下の3つを記載することになります。

 

  • 1日について延長することができる時間
  • 1ヵ月について延長することができる時間
  • 1年について延長することができる時間

 

この部分が1ヵ月の期間に統一されたということになります。

 

今まではこうだったものが

期間 限度時間
(一般)
限度時間
(1ヵ月変形)
1週間 15時間 14時間
2週間 27時間 25時間
4週間 43時間 40時間
1ヶ月 45時間 42時間
2ヶ月 81時間 75時間
3ヶ月 120時間 110時間
1年間 360時間 320時間

下矢印

こうなります。

期間 限度時間
(一般)
限度時間
(1ヵ月変形)
1ヶ月 45時間 42時間
1年間 360時間 320時間

ずいぶんシンプルですよね。

 

 

今まで、1カ月以外の期間を活用していた会社は、修正していく必要がありますので注意しましょう。

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »



優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671