36協定とは?36協定は何のために提出する?

36協定について

 先日、従業員から「うちの会社は、36協定を交わしていないので違法ではないですか?」と言われました。そう言われても、36協定の意味もよくわかりません。
そもそも、36協定とはどういったもので、何のために提出する必要があるのでしょうか?

36協定というのは、簡単に言うと会社と従業員の間で交わす「残業や休日出勤に関する合意」のようなものです。

そして、何のために提出が必要かと言いますと、この36協定を提出しなければ、会社は残業や休日出勤をさせることができないからです。

もっと詳しく

実を言うと、労働基準法では1日では8時間、1週間では40時間を超えて労働させてはならないことになっています。

 

つまり、上記を超えて働かせる残業は違法となります。(罰則もある)

 

そうは言っても、現実的には社員に残業してもらわないと困るという場面が出てくるのが一般的です。


スポンサーリンク

 

そこで法律では、そういった現実的なニーズに応えるために、決められた手続きをとれば残業や休日出勤をしてもらうことができる制度を用意しました。

それが一般的に言われる36協定です。

 

注意
36協定が必要なのは、法定労働時間を超える場合のみ

ここで注意が必要な事があります。

残業と言っても、あくまで1日では8時間、1週間では40時間を超えて働いてもらうときの話になります。

 

1日の労働時間が7時間の場合、1時間残業してもらったとしても1日8時間となるので36協定は必要ありません。

 

この1時間の残業は、法定内残業と呼ばれるものです。

法定内残業

 

この辺りのことは、意外と重要な話なので、別記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671