ES(従業員満足)調査で、社員の不満を明確にする

社員が会社に満足しているか知りたくありませんか?

 

社員を酷使する時代は、とっくに終わりました。

今、業績を伸ばしている会社は、「社員満足度」が高いという統計データがあります。

また、「社員満足度」が高い会社は、「採用に苦労していない」という事実があります。

 

考える社員

ここで質問です

 

あなたの会社の社員は、会社に満足していますか?

 

 

今まで、社員のためにいろんな事をやってきたと思います。

人事制度を作ってみたり、給料を変更してみたり、

でも、社員が本当に満足しているのか、はたまた不満に感じているのか分からないというのが本音ではないでしょうか。

 

でも、それは当然です。

 

なぜなら、社員の満足や不満は目に見えないからです。

 

社員が何に満足しているか、そして何に不満を感じているのか、分からなくて当然なのです。

 

しかし、その状態のままではこれ以上、会社を良くしていくことは不可能です。

 

そのため、

会社がまずやるべきことは、

社員の満足度を明確にすることです。

 

でも、今までも分からなかったことが、すぐに分かるようになる訳がない。

どうしたら社員の満足度が明確にできるの?

当事務所では、こんな声をたくさんいただきました。

 

そこで当事務所は、今まで顧問先に限定して行っていたサービスを一般向けにも公開することにいたしました。

 

社員満足度調査で、社員の心を見える化します
社員満足度を見える化

 

社員が何に不満を感じていて、

社員が何に満足しているかを

「見える化」します!

 

当事務所が行う社員満足度調査の特徴
残業対策 社員のやる気に影響を与える、項目を明確に定義
残業対策 改善するべき課題の優先順位を明確にします
残業対策 不満点だけでなく、会社の強みも明確にします
残業対策 不満項目に合わせてツボを押さえた改善案を提案します
残業対策 社員へのアンケートは、会社に合わせて柔軟にカスタマイズします
残業対策 単純な数値の良さ、悪さではなく、その根本的な原因を分析します
残業対策 営業所ごと、職種ごと、年齢ごとなどセグメントごとに分析ができます

 

アンケート

社員満足度調査とは?

簡単に言うと、社員へのアンケートです。

このように書くと、とても簡単なように感じますが、少し考えてみるとその難しさに気付くと思います。

なぜなら、人間の心理を分析して、何が社員満足に影響を与えるのかを明確にしないと、何を聞いてよいか分からないからです。

 

ご安心ください

でもご安心ください。

 

当事務所では、これまでの労務管理の経験から、

社員満足に影響を与える事柄を特定し、

その内容を数値化できるアンケートを作成いたします。

 

さらに、

そのアンケートでは、満足か不満足かを確認するだけでなく、

そのことが、社員にとって重要かどうかも確認します。

 

つまり、

 

単純なアンケートとは違い、改善の優先度も明確になるのです。

これはとても重要なことです。

例えば、ある社員が「給料について不満」と答えた場合で、「そのことは重要だ」と答えた場合は、優先課題と判断できます。

逆に、「給料について不満」と答えた場合でも、「そのことは重要ではない」と答えた場合は、急いで改善する必要はないという判断もできます。

 

分析結果の見方
社員満足プロットの見方

 

このように、当事務所ではアンケート内容の作成から、その分析方法まで徹底的に研究し、「社員の満足度を明確にしたい」という会社のために常に最先端の分析を行っています。

 

その分析結果には、更に的確な改善案を追加し、詳細な報告書としてお渡しします。

社員満足診断報告書のイメージ
実際の報告書は30ページ以上になります。
(会社によりページ数の増減あり)
社員満足診断報告書例
部門別、年齢別、職種別など細かい分析も可能社員満足診断報告書例

 

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671

 

 

社員満足度調査、実施の流れ

●初回打ち合わせ
打ち合わせ アンケートの対象者や具体的な実施方法と全体のスケジュールの確認や現在の課題の確認を行います。

 

 

下矢印

●アンケート内容を設計
会議 会社に合わせて、アンケートを作成しご提案します。打ち合わせで内容を細かく確認していき、修正するべき項目があれば、再度カスタマイズします。

 

下矢印

●社員に対して説明会の実施
書類 非常に重要な項目です。なぜこういったアンケートが必要なのか、アンケートの結果がどのように使われるのか、書いた内容がきちんと会社運営の改善に使われるのかなど、説明会を行うことで社員の疑問点をクリアにします。

下矢印

●社員満足アンケートの実施と回収
就業規則福岡 完成したアンケートを社員に記入して回収作業を行います。アンケート内容はすべて当事務所で集計し、分析結果と改善案を報告書としてまとめます。

 

下矢印

 

●診断結果の報告会&改善検討会
会議 診断結果の報告会と、診断結果を踏まえた改善案の提案を行います。改善案は、不満項目や会社ごとに異なり、全く同じものはありません。

 

下矢印

●改善を行い、その後定期的診断を実施する
握手 前回の社員満足診断の結果を踏まえて、実施した施策が有効だったかどうか、また更に社員満足向上を図っていく必要がないか、定点観測を実施していきます。

 

 

まずは、無料の企画提案をご利用ください

当事務所の社員満足度診断について、詳細を確認していただくため、無料の企画提案を行っています。

診断の特徴、流れ、そして社内での活用方法など、実際の診断書サンプルを見ながら確認いただけます。

社員満足診調査の企画提案
社員満足度調査についての内容、流れ、分析内容の特徴、社内での活用方法を説明いたします。従業員満足度の企画
診断報告書のサンプルをお渡し社員満足診断報告書例

企画提案は無料です。まずはお問い合わせください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671

 

 

良くある質問

具体的にはどのようなやり方で、社員へのアンケートを取るのでしょうか?

紙のアンケート用紙にチェックを付けてもらう方法と、ネットを活用したPC上で答えてもらう2つの方法があります。

それぞれメリットとデメリットがありますので、会社の実情や社員の要望に合わせて、どちらの方法を取るか決めることになります。

料金はどちらの方法でも変わりません。

 

依頼をしてから、分析結果がでるまでの期間はどのくらいでしょうか?

企業規模や各種事情により期間は異なりますが、おおよそのスケジュールとしまして、ご依頼をいただいてから報告書をお渡しできるまで約2ヶ月~3ヶ月です。

・アンケート内容の確定に約2週間
・アンケートの実施と回収に約2週間
・アンケートの分析に約1ヵ月(社員100名程度の場合)
・この段階で、診断報告書をお渡し可能です

その後、改善検討会などを別に実施する場合は、その分の期間が必要になります。

 

社員の満足なんて、給料を上げる以外に手段がないと思うのですが、どのような改善案をいただけるのでしょうか?

社員の給料についてのお話ですが、結論から申し上げますと、社員の満足は給料だけではありません。

もちろん、給料が安すぎるというのは問題がありますが、多ければ良いというものでもありません。

このことは、既に世界では研究結果が出ていますので、詳細は記載いたしませんが、社員の満足度に影響を与える項目は給料だけでなく複数あります。

事実、当事務所ではこれまでも独自研究を重ね、さらに顧問先に本サービスを提供た経験上も、社員の満足は給料だけではないことを断言いたします。

 

他の会社と、相見積を取りたいのですが

当事務所が行っているサービスは、家電製品のようにどこで買っても同じというものではありません。

比較しようとしている他社のサービスが当サービスと同等であれば、相見積の意味があると考えられますが、当事務所は当サービスに、絶対の自信を持って提供しておりますので、相見積を取りたいというだけというご依頼はお断りしています。

当事務所の料金は、他と比べて高くはありませんが、単純に値段の安いところをお探しでしたら、激安業者にご依頼されることをおすすめいたします。

 

料金

社員満足度調査の料金は、「20万円(税別)~」となっています。

ご依頼料金は、社員の人数、組織規模により変わりますので打ち合わせの後、お見積りさせていただきます。

 

ところで、

社員満足度調査を行わずに、優秀な社員が不満退職した場合の損失はいくらになると思いますか?

 

・優秀な社員が今後上げる予定であった利益

・新しい人材を募集するための募集広告費用

・採用試験・面接にかかる時間と人件費

・新しく採用した人材を教育する時間と人件費

 

普段は見えないコストですが、冷静にこれらを合計すると、数百万以上の損失になります。

 

この損失に比べると、従業員満足度調査にかかる費用など、微々たるものです。

 

社員満足度調査を行うことによって回避できる確率が格段にアップするのですが、

もし、調査の実施をためらっているのであれば、実施しないときの損失を冷静に分析することをおすすめします。

 

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671

追伸
社員満足度の調査は、企業の健康診断です。
健康診断をして、どこが悪いのかを明確にしなければ、治療することができません。
後回しにせず、今すぐに行うことをおすすめいたします。

ES診断については、株式会社ヒューマンブレークスルーが主催するESコンサルタント養成講座を受講し、HBT公認ESコンサルタントとして資格認定された上で、独自のノウハウを追加して行っています。