健康診断を受診する時間に給料は必要?

労務管理に関するQ&A 社長の豆知識

pic_d071当社では、法律どおり年に1回の定期健康診断(一般健康診断)を社員に受診させています。もちろん、その費用は会社が負担しているのですが、健康診断を受診している時間分の給料は支払っていません。

すると、社員から「健康診断は法律で会社が受診させることが決めれれているのだから、健康診断の時間は給料が出ないのはおかしい。違法じゃないのか?」という意見が出ました。

健康診断(一般健康診断)を受診している時間の給料を支払わなければならないのでしょうか?

握手一般健康診断を受診している時間の給料を支払う義務はありません。

そのため、その時間分給料を支払わないという取り扱いは違法ではありません。会社として、健康診断の時間分の給料を支払わないという定めをしていれば、それは法律上問題はないことになります。

もっと詳しく

ただ、そうは言っても、受診にそれほど時間がかかるものでもありませんし、健康管理を行うことは会社の義務ですので、その分の給料は支払ってはいかがでしょうか。

 

その方が、社員も安心して働くことができますし、給料が減るという嫌な思いもしなくて済みます。
結果として、受診率アップが見込めますし、社員の健康管理向上になりますので一度考えてみてください。

 

また今回のご質問のケースとは違い、特定の有害な業務に就いている社員に対して行う特殊健康診断については話が変わってきます。

 

特殊健康診断を受診させる場合は、所定労働時間中に受診させることが原則で、その分の給料は会社が負担する義務がありますのでご注意ください。

※根拠通達(昭47.9.18基発第602号)

 

この記事を読んで少しでも、役に立った・興味が出たという方は、以下のボタンで共有してもらえると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

« »

 
優れた経営者は既に導入しています。

業績好調の理由はコレ

社員満足度の診断

目には見えない社員の満足度を「見える化」するサービスが、お客様から多数の要望に応えるため、ついに一般公開しました。

メニュー詳しくは従業員満足度の調査へ


Facebookページに「いいね」で特別サービス

当事務所のフェイスブックページに「いいね」をしていただいた方には、次のいずれかのサービスを提供いたします。  
  1. 依頼料を1万円割り引き 
  2. 各種相談を1時間無料
  下のフェイスブックページに「いいね」を押して、依頼の前、またはお問い合わせ前に「いいね」をした旨をお伝えください。
 
当記事に関連するご依頼・お問い合わせはこちらです。お気軽にご相談ください。
※無料相談所ではありませんので、その点はご注意ください。

ご依頼はこちら

電話でのお問い合わせは092-741-7671